2008年12月09日

スイングトレードについて

今日は スイングトレードについて
お話します


デイトレードとはよく聞きますが
スイングトレードはあまり聞きません


スイングトレードとは
株を購入してから

2日から10日くらい経過したあとに
相場を見て 売却する取引のことです


スイングトレードは
余裕をもって 相場を見て

ゆとりを持った状態で冷静に判断できるので
私はこの取引方法を主に行っています


デイトレードを行ったことがある方はわかるかもしれませんが

デイトレードは 一日のうちで
何度も取引をして 利益を出さなくてはいけないため

即時の判断が 必要不可欠になります


そうすると どうしても
冷静な判断にかけるときがでてきます


自分のお金が
増えるか 減るかの瀬戸際ですから

短時間で冷静に取引をすること自体が
困難なことです


その点 スイングトレードは
時間に余裕をもって取引するので

冷静な判断ができます


損切りするにしても

利益を確定するにしても

これから 相場がどう動いていくかを
じっくりと判断できる時間があります


ですので 自分のペースで
取引できるわけです


私は 株式投資を始めた当初から
このスイングトレードに慣れていますので

この手法がやりやすいということもありますが


私が 株式投資を始めたのは
サラリーマンの時でしたから

一日中 相場を見てなくてはいけない
デイトレードは 実情として無理でした


そうすると 家に帰った後で
相場をチェックして

株の売買を行うというやり方しか
できないという現状だったので

スイングトレードか

もっと長期間での取引しか
できなかったのです


ですから 必然と
スイングトレードという選択肢が挙がりました


これは 日中は仕事をしている人に
覚えておいてほしいのですが

株式投資を始めると
相場の動向が気になって仕方がありません


今は 携帯電話からでも
相場をチェックできるので

自分の持っている株がどうなっているか
気が気で仕方がないという状態になりかねません


そうなると 精神衛生上もよくないですし
なにより 日中の仕事に支障をきたします


ですので そこは割り切って
家に帰ってから 株の取引をしよう!

と 決めればいいのです


そうすると
無闇にソワソワすることもなくなるでしょう


株式投資をなぜするかと言えば
もちろん 自分の資産を殖やすためですが

それが自分の本業に影響するようでは
本末転倒です


そのあたりも きちんと考えて
賢く 楽しく 株式投資をしていきましょう!


以上が
スイングトレードについての説明でした


最後までお読みいただいて ありがとうございました!

人気ブログランキングへ
↑クリックしていただけると幸いです
posted by baizou at 07:11| Comment(0) | 投資で殖やすための知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月03日

デイトレードについて

今日は デイトレードについて
お話します


最近 よく耳にする
デイトレード


この言葉は
株式投資がインターネットで行えるようになってから
生まれた言葉です


インターネットで株式投資が行えるようになって
大きく変わったところは

手数料が安くなったことです


それまでの株式投資は
証券会社に電話をして

逐一 何を買うとか
何を売るとか

電話のやり取りにて行っていました


手数料もけっこうな金額でした


ですので 一日に何度も取引をするなど
手間もかかりますし

電話代もかかります

何より 手数料がかかって仕方がありませんでした


しかし インターネットが普及し

インターネットで株式投資が行える
ネット証券会社が増えるに伴い

手数料が自由に決められるようになったので
以前の3分の1程度になりました


なので 今までは
1回しか取引できない料金で

3回はできるようになったわけです


そうなると 一日に
数回 取引できるようになるのです


それまでは 手数料がかかるので
一日に何度も売り買いをするのは

利益が出ませんでした


しかし 今は
インターネットで株の売り買いが

簡単にできてしまう上に
手数料も安いので利益が出せるようになってきたのです


こういった背景があり
一日に何度も株の取引をするデイトレード

という言葉が生まれたのです


デイトレードはプロは勿論
日中に時間のある主婦の方も

パソコンがあればできるということで
行っている人が多いようです


本屋に行くと
主婦でもデイトレードで・・・

といった内容の本が売られていたりします


こうしてみると 簡単なようなデイトレードですが
一日中 パソコンの前に張り付いていないと

まず 利益を出すことは不可能です


1分1秒を争うデイトレードです


売買の入力も
素早く行わなくては 1分前までは利益が出る株価だったのに

入力が終わったときには損をする金額になっていた

なんてこともデイトレードならよく聞く話です


私個人としてはデイトレードは
投資のプロでも難しいのではないかと思っておりますので

世間に流されて デイトレードに
軽い気持ちで手を出すのは やめておいたほうが無難だと思います


ある程度 知識もついて
経験をつんで 株式投資がどういうものかわかってきたら

少しずつ挑戦するのがいいでしょう


以上が
デイトレードに関する説明でした


最後までお読みいただいて ありがとうございました!

人気ブログランキングへ
↑クリックしていただけると幸いです
posted by baizou at 23:25| Comment(0) | 投資で殖やすための知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月02日

株式投資で負けないために

今日は 株式投資について負けないために
何をするべきか お話します



私も偉そうには言えませんが
株式投資では 大きい損を出したことはありません


私が 投資の師匠から教わった
株式投資の負けない秘訣を忠実に守っているからだと思います


それは 何かというと
がっかりするかもしれませんが

損をしそうな時は
早めに損失を最小限に抑えるようにすることです


株式投資は 不確定要素が多く
勝ち続けるということは 不可能に近いと思います


しかし そんな中でも
利益を出す人はいます


そんな人は何をしているかというと

結局のところ 最終的に利益が出ていればいいという考えで
行動しています

なので 損をしそうな時の
見切りを素早く判断することにあるのです


9回連続で損失を出しても
1回の大きい利益で帳消しどころか

大幅なプラスになることはよくあることです


私も一度の取引で
資金を5倍以上にしたことがあります


しかし それも
損をした時に最小限に抑えることができてこそ

そのときの大きい利益が活きてくるというものです


もし 負け続けて
大幅なマイナスだとしたら

プラスになるまで
時間がかかるわけです


損を最小限に抑えることができるどうかが
株式投資で勝てるかどうかの境界線になります


しかし これは実際に株式投資をやってみればわかりますが

頭でわかっていても
感情的になかなか行動に移せないことがよくあります


損をしている現状で
損失を確定したくはないものです


もしかすると ここから株価が上昇するかも・・・

なんていう甘い誘惑に負けて
そのまま ズルズル株価が下落していくばかり・・・

なんてことはよくある話です


そうすると いつまでたっても
この株式を手放せませんし

この株式を所有していることによって
株式を現金に換えることもできず

大きな時間とお金のロスにつながってしまいます


これを避けるためにも
損失を最小限に食い止めるべきなのです


現状で損している状態で
いまの株価で 株式を現金に換え

損失を最小限に食い止めることを
損切りと言います


株式投資で
利益を出せる人は 損切りがきちんとできる人です

利益が出せない人は 感情で投資をしてしまい
ズルズルと損を重ねてしまう人です


投資は 冷静に行うものです

決して感情的にならないようにしましょう


最後までお読みいただいて ありがとうございました!

人気ブログランキングへ
↑クリックしていただけると幸いです
posted by baizou at 22:03| Comment(0) | 投資で殖やすための知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月01日

空売りについて

今日は 空売りについて
お話します


これもまた 聞きなれない言葉です


株式投資にかぎらず
FXなどでも使われるこの言葉

私は 実際のところ
よく理解していませんでした


空売りというのは

本来 投資というのは
買うところから始まります


購入したところで
価格の上下により 売るということで

利益を確定させます


ですが この空売りというのは
売りから入ることを言うのです


つまり 売るものがないのに
売る 空のものを売ることから

空売り と呼ばれているようです


株式投資に関して言えば
証券会社から その株式を借りて売ります

そして その後
その株式を買い戻すことを言います


なぜ こんな不可解なことをするのか
私は理解できませんでした


しかし 相場の変動を理解すると
この空売りも 有効な手段なのです


例えば 今は業績が好調な
A社という会社があるとします


そのA社を自分なりに調べていて
今は好調だが

その会社の新製品の売り上げがあまり伸びず
どうも 業績が落ちそうだ

と推測します


そうすると 今は好調なので
株価が上昇しています


このときに 空売りをするのです


つまり 株価が高いときに
前もって 株式を売っておくのです


そして 自分の思ったとおり
業績が芳しくないと 業績発表されたら

株価は 下落します


そして 落ちたところで
空売りした株式を買い戻すのです


こうすることにより
その分の差額が出ます


空売りによる株式投資では
このようにして 利益を得るわけです


もちろん この目論見が大きく外れ
もっと株価が上がるかもしれません


そうなると いつかは
その株式を購入しなくてはいけないので

損をすることもあります


ここが 空売りの難しいところですね


私は空売りは 上級者向けの
投資の方法だと思っておりますので

慣れるまでは 空売りについては
行わないほうが無難でしょう


以上が空売りについての
説明でした


最後までお読みいただいて ありがとうございました!

人気ブログランキングへ
↑クリックしていただけると幸いです
posted by baizou at 23:56| Comment(1) | 投資で殖やすための知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月27日

逆張りについて

今日は 逆張りについて
お話します


逆張りという言葉は
あまり聞いたことのない言葉だと思います

私も株式投資をする前は
聞いたことがありませんでした


逆張りとはどういうことかというと

簡単に言うと
普通の人とは 逆の投資をするということです


例を出してご説明します


ある会社 仮にA社としましょう

A社は不況のあおりを受け
業績が芳しくなく

その年の決算で
目標よりも低い数字になってしまいました


株式会社は

決算報告などを包み隠すことなく
株主に発表しなくてはいけないので

こういった決算報告などをします


そのときに 目標を超えていれば
その会社の評価が上がるので

株式を購入したいという人も増えますので
株価は上昇します


しかし 逆に
目標を下回ると 株式を手放したい人が増えますので

株価は下降します


ここが ポイントなのです


普通の人は
こういう状況になったら

A社の株式は手放したくなるでしょう


しかし A社の商品やサービス
これまでの業績が素晴らしいのであれば

もしかすると その時の株価下落は
一時的なものかもしれません


今後 業績を盛り返す可能性があります


そういった先見性が見えたときには
この会社の株式を 下落しているその時に購入するのです


つまり 株価が安くなったときに
株式を購入するわけですね


これが逆張りです


もし そのときの先見性が的中し
業績を伸ばしていけば

株価が下落したときに購入できたので
とても いい投資をしたことになります


下落したときの株価より
4〜5倍になることも珍しいことではありません


しかし ここが株式投資の難しいところで

そのまま 業績が悪いまま
ズルズルと悪化してしまうこともあります


そうすると 買った時と比べて
株価が2分の1 もしくは3分の1になってしまうこともあります


そういうこともあるので
何でもかんでも 株価が下落したからといって

逆張りだからと 株式を購入するのは
愚の骨頂です


しっかりとした会社の基盤があり

突出した製品 サービス


こういったものがあって
はじめて 逆張りするかどうかの検討になるのです


こういったものが見込めなければ
それは ただのギャンブルになってしまいます


株式投資は 運を天に任せるギャンブルではありません


予想できる投資
それが株式投資です


逆張りは 一見すると
ギャンブルの側面を含んでいますが

この会社は ここから盛り返していけるという
考えがあれば 検討してみるべきでしょう


ですが 逆張りの投資を行う時には
慎重すぎるくらいに検討しましょう


以上が
逆張りに関する説明でした


最後までお読みいただいて ありがとうございました!

人気ブログランキングへ
↑クリックしていただけると幸いです
posted by baizou at 07:04| Comment(0) | 投資で殖やすための知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月25日

株式会社の選び方について

今日は 株式会社の選び方について
お話します


これは なかなか奥深いテーマで
簡単には言えないことですが

基準にしていることはあります


大切なのは
順調に業績を伸ばしている会社です

年々 業績を伸ばしている会社は
言うまでもなく 今後も成長が見込める会社です


これは言わずとも わかることでしょう


トヨタや任天堂といった会社は
今後も成長が見込める会社ですよね?


こんな会社の株式を所有していれば
極端な上下もなく

順調に業績を伸ばしていくと思われますので
所有していれば まず間違いはないでしょう


そして これは意外と盲点なのですが

こういった会社の提携先に目を向けると
いい会社が見つかります


例えば 任天堂だと

近年 任天堂が発売した携帯ゲーム機

ニンテンドーDSが1000万台もの数を出荷したそうです


これだけ見ても とんでもない数字です

ニンテンドーDSは
1台 16000円ほどですので

あのひとつのゲーム機だけで
どれだけの売り上げを上げたのかは

想像がつくことでしょう


まったくとんでもない企業ですね(汗)


しかし このニンテンドーDSは
液晶画面によって ゲーム画面を映し出しています

となると この液晶が
大量に必要になってくるわけです


そうすると 必然と
この液晶を納める会社も

ニンテンドーDSが売れることによって
業績が伸びてきますね


この液晶を納めている会社も
有名な企業ですので 調べればわかりますが

このように ひとつの会社が業績を伸ばす裏側には
たくさんの企業が繋がっているということになります


ここに気がつけば
いろんなことが見えてきますね


ひとつの会社がのびているからと
その会社しか見ていないのと

その裏側を見て
その会社とつながっている企業はどこか?と探して

まだ 多くの人が気づいていないうちに
株式を購入することができたら・・・


と 簡単にいえば
こういうことです


もちろん これは簡略化していますし
こんなにうまくいくとは限りません


しかし 表面ばかり見ていては
株式投資で勝つことは なかなか厳しいものがあります


人と同じことをして
勝てるほど 世の中甘くありません


勝っている人は
多くの人とは 違う視点で違う行動をしているものです


以上が株式会社の選びかたですが
これに関しては さまざまな考えがあります

本屋さんに行くと この手の本が
たくさん出ています


ひととおり読んでみて
自分に合った選択方法を見つけてみましょう


最後までお読みいただいて ありがとうございました!

人気ブログランキングへ
↑クリックしていただけると幸いです
posted by baizou at 21:47| Comment(0) | 投資で殖やすための知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

キャピタルゲインとは?

今日は キャピタルゲインについて
お話します


キャピタルゲインとは
前出の株式投資のところでも少し触れましたが

株式の価格の上下により
発生する価格差によって

その株式を売買することで
得られる利益のことです


ほかにも不動産物件を購入し

その不動産が購入した時よりも高い価格になれば

その不動産を売却して
利益を得られることなどもキャピタルゲインになります


キャピタルゲインの魅力は
短期間で利益を出せることです


これには 自分の投資の力や知識が必要となりますが
インカムゲインと比べて 大きい利益となります


しかし 短期間で利益を得られるということは
短期間で損失もあるということです


つまり ハイリスクハイリターンなわけです


一方で 利息や配当金を得るインカムゲインは
ローリスクローリターンです


どちらを狙うかは その人次第ですが
資金が少ないときに投資をしようというのであれば

キャピタルゲインを積極的に狙うべきです


もちろん リスクはありますが
そのリスクは 知識と経験によりある程度回避することは可能です


業績が芳しくないと思われる企業の株式は

購入しないようにするなどして
回避すればいいのです


キャピタルゲインの具体的な利益の
発生する道筋は

例えば 1000円の株式を1000株購入したとします

必要な資金は100万円になります


この株式の価格が
1ヶ月後に100円上がったとします


このときに この株式を1000株すべて売却すれば

もともと1000円の株式だったのが
値が上がって1100円になったのですから

1100×1000=110万円

つまり ひと月で
10万円の利益が出たことになります


現実には このくらいの
株式市場の上下は頻繁にありますし

もっと大きく上下することも当然あります


インカムゲインだと
100万円の投資で10万円の利益を得るには

1年くらいはかかるでしょう


1年と1か月


ここに大きな時間の差があるわけですね


もし 投資が好調で
ひと月に先ほどのように10%の利益を得続けることができたら

出た利益をすべて株式投資に回すとして
複利の計算になりますから


ひと月1回の投資をするとして
1年後には100万円の資金が

約280万になるわけです


もちろん 損をすることもありますし
もっと利益を得ることもありますが

このような差が出るわけです


ただ 当然
このように順調に利益を出すのは

なかなか至難の業です


特に投資を始めたての頃は
あまり思うようにはいかないでしょう


しかし 月間の利益
10%ならば そんなに難しいというほどではありません


まずは しっかりと株式投資における知識を吸収し

企業の情報を事細かに調べ

そして あとは実践して
経験を積むことが大切です


何事に簡単にはいかないというのは
世の常です


しかし 投資の世界は
とても奥が深く 面白いので

ぜひとも経験していただきたいと思います


以上が
キャピタルゲインに関する説明でした

人気ブログランキングへ
↑クリックしていただけると幸いです
posted by baizou at 21:58| Comment(0) | 投資で殖やすための知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月18日

投資信託について

今日は 投資信託について
お話します


投資信託とは 簡単にいえば

投資を代わりにやってくれることです


資金はあるが
どういう投資をしたらいいのか・・・

と悩んでいる人は多いと思います


もちろん自分で資産を運用できたほうが
効率的ですし

自分でリスクをコントロールできます


しかし そういったことが面倒だったり
いろいろ調べたりするのが嫌な人もいます


そういった方に向けたのが
投資信託なのです


投資信託のメリットは
さきほども言いましたが

自分は資金を用意するだけで
あとは 資産運用のプロに任せられるということです


投資の知識のない人にとっては
プロの存在というのは ありがたいものです


自分がやるのはちょっと怖い・・・

という人でも 自分がやるよりも
はるかに安心できます


では デメリットは何なのかというと

自分で資産を運用するわけではないので
細かく指示をしたりすることができないところです


ある程度の自由はきくようですが
自分で資産を運用するように細かくはできません


それと 手数料が発生する点です


自分で資産を運用しても
何かしらの手数料は取られますが

投資信託では
それにさらに 手数料が取られます


委託しているので
当たり前と言っては当たり前かもしれません


もちろん 投資信託で
損失が出た場合

投資家がその分を負担します


自分で運用したわけではなく
委託して 損失が出たのに・・・

と思われるかもしれませんが
投資信託とはそういうものなのです


つまり 自分の資金を

どういった資産運用をするかは
委託先にまかせ

お金の損得に関しては
自分に責任があるということです


自分で投資をすると
意外といろんなことで時間を取られます


株式投資であれば

自分で購入する株式会社の
事業内容や業績を調べたり

株の売買を自分で行わなくてはいけません


しかし 投資信託ならば
それがないのです


もちろん 投資信託は
人様のお金を預かって運用しているので

勝つ確率の高い資産運用を行うため

返ってくる金額は
自分で運用するほうが大きいです


しかし どちらを取るか?
ということになります


自分で行動するか?


運用はプロに任せて
任せて空いた時間で何か他のことをするか?


これは自由です


やり方次第では
非常に有益な投資手段となります


以上が
投資信託に関する説明でした


最後までお読みいただいて ありがとうございました!

人気ブログランキングへ
↑クリックしていただけると幸いです
posted by baizou at 23:04| Comment(0) | 投資で殖やすための知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

株式投資について

今日は 株式投資について
お話します


株式投資については
少し触れましたが


ここでは もう少し
踏み込んだところをお話したいと思います


株式投資はとても古い歴史がありますが

その中でも埋もれなかったということは
投資として 優れていたからでしょう


2008年の現在は
株式市場が冷え込んでいるので

なかなか勝つのは難しいように思いますが
そんな中でも 勝つ人はいるのです


せっかくやるのであれば
投資で利益を得て

勝ちたいものです


ほとんどの人が
株の売買によって

その利益を得る
キャピタルゲインを狙っています


これが 株式投資の基本と言ってもいいでしょう


株価が安いときに購入し

株価が高くなったら 売る


単純ですが
これを繰り返すことができれば

株式投資で勝つことができます


しかし なかなか思うようにはいかないものです


だいたい 株式投資で損をするときは

購入したときの株価よりも低くなってしまい
売るにも売れなくなってしまう


しかし いつか
高くなるのではないか・・・


と思って いつまでも
その株券を所有してしまうからだと思います


そんな 株価が下がって
売るに売れなくなってしまった株のことを

塩漬け株 と呼んでいます


損をしたときに スパッと見切る

要するに 思うような株価の値段にならなければ
株券を売却して 現金にすること

これを「損切り」と言いますが


この損切りを効率よく行って
損を少なくし

儲けるときに
ササっと利益を得る


これが理想です


理想ですが
人間の心理がここに介入するので

なかなか うまくいかないのです


これを制御することが
実は 株式投資での勝利の秘訣だと思います


もう少し粘れば・・・

あと少し待てば・・・


と考えると
ズルズルと負けを引きずることになります


そのうえ
次の投資のための資金が

その塩漬け株にとられているため

資金が足りない・・・ということもよくあることです


まずは 大きな夢を見ずに
資金の10%を殖やすところから

はじめてみてはいいのではないかと思います


やってみると
意外と難しいと思います


もしかすると
簡単にできるかもしれませんが

下手をすると
いつまでも 殖えていかない状況にもなりかねません


ですが 10%殖やす過程で
株に関する 覚えなくてはいけない知識が得られることでしょう


そして 株式投資を行った

という経験が何よりも大切なのです


まずは 踏み出してみること

その上で 小さな結果を出すこと


この繰り返しで
何事も 大きな結果を残していくのではないかと思います


次回から 株式投資に関する
必要な知識をお話したいと思います


最後までお読みいただいて ありがとうございました!

人気ブログランキングへ
↑クリックしていただけると幸いです
posted by baizou at 22:34| Comment(0) | 投資で殖やすための知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。