2008年11月06日

日経平均株価とは?

今日は 日経平均株価について
お話します


日経平均株価というのは
ニュースなどで取り上げられますが

実際のところ
何のことなのか よくわかりにくいですよね


・・・実際
私は よくわかりませんでした(汗)


なんとなく 株価
という言葉が付いているので

株式市場の相場についてだということは
わかったのですが よくわかりません


日経平均株価というのは
東証一部上場企業のうち

225銘柄を対象として出される

いわば 株式市場の目安のことです


東証一部上場というのは

東京証券取引所というところに
株式会社として 登録しているところで


第一部と第二部があります


一部上場のほうが 会社としての信頼度は上です


東証一部上場の企業で 有名どころは
TOYOTA 任天堂など・・・

そうそうたる企業ばかりです


この東証一部上場の企業の中でも
選ばれた225企業の平均ということなので

日経平均株価の信頼度は高いということになります


ちなみに 日経平均株価を計算しているのは

「日経」という言葉が付いているように

日本経済新聞社が権利を持っています


さすがは 日本を代表する経済新聞社です


この数値の変動が
いわば 株式市場の変動の目安になるので

よくニュースなどで取り上げるわけですね


当然ながら 日経平均株価は
あまり極端な上下はしませんが

何か 国際的な問題があったりすると
大きく動きます


例えば わかりやすい例で言うと
日本の政治で 大きな動きがあったとき

例えば 総理大臣が変わったりするときですね


こんなときは 大きく上下します


しかし こんなことは
滅多にありませんので あまり極端な上下はしません


しかしながら 日経平均株価は
年々 下がり気味の傾向にあります


それは 不況の表れでもあるかのようです


2008年度 9月現在の日経平均株価は
12000円前後です


ですが バブル経済真っ只中の
1990年代には

40000円ちかい指数が出ていました


いかに あの頃の経済が
凄まじかったのかを 数字が表わしていますね


バブル経済からすると

今現在は 半分以下の指数なので
よほど いまの経済状況が寒い状況なのか

わかっていただけたでしょう


だからといって
一概に景気が悪いとも言い切れないのは確かです


あくまでも 参考になる数字という範囲で
覚えておいたほうがいいでしょう


以上が
日経平均株価に関する説明でした


最後までお読みいただいて ありがとうございました!

人気ブログランキングへ
↑クリックしていただけると幸いです
posted by baizou at 00:28| Comment(2) | 金利に関する知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして
自分はFP勉強中です。
今までの経験をFPで生かせたらと思っています。
お金の勉強は楽しいですね。
Posted by ウォーリー at 2008年11月06日 17:22
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
Posted by 株の買い方 at 2011年12月20日 10:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。